はっぴー。

 夜勤あがり、
 チャリンコで帰る未明の甲州街道
 交差点のあちこちに警官が潜んで、チャリンコ検問のようなことをしている時間帯。
 車道の自転車ゾーンは、飛ばし屋、煽り屋の行き交うこの時間帯には危険なので、ほとんど誰もいない歩道をちんたらと行く。

 甲州街道の街路樹は年季が入っており、根が肥って歩道のインターロッキングを持ち上げてしまっている。
 自転車や車いすには非常に通行しにくい。
 久しぶりにジャズばかり聞いている日々。
 押し入れからCDを引っ張り出して、少しずつインポートしている。


 マイルスを聴く。
 未明の甲州街道で。



f:id:Yamio:20180420165908j:plain
MILES DAVIS AND MODERN JAZZ GIANTS



 完璧すぎて脱帽してしまうプレイばかりだが、そのせいかあたくし的には愛着はなぜか湧かない。
 『THE MODERN JAZZ GIANTS』
 もともと、マイルス目当てではなく、モンクの参加している名盤ということで買った。
 自分のバンドでアタマ張っているときのモンクももちろんいいが、バックにまわったときのモンク臭というのもすごいよね。
 それがマイルスとどう化学反応するのかという一点。そこがこの盤の聞きどころ。
 モンク好きのあたしとしては、わらっちゃうほど痺れますな。
 
 
 なかでもマイルスのオリジナル曲『SWING SPRING』。
 マイルスが吹いている後ろではモンクはぴたりと演奏をやめて、盟友ミルトのソロの後ろでは好き放題にモンク・ワールドをかます
 それを背中に感じながらヒート・アップするミルトもさすがです。
 「おれのプレイ中は弾くな」とマイルスが厳命したかどうかはしりませんが、この『弾かせてもらえない』という緊張が、一転して『弾ける』となったとき、解放への勢いとなっているのですな。
 後ろへ充分に引っ張ってから放つチョロQ式だ。
 つるんで悪さする放課後の不良コンビ! ミルトとモンク!
 それもマイルス演奏時の緊張感あっての躍動!
 たまらんね。
 あのミルトの後ろで低音をごんごん連打してるとこなんて、笑っちゃいましたよ。
 もおっ、モンクったら。

 




 気づけば日付が変わっていて、またひとつ歳をくっている。


 




 誕生日、ありがとう。





 ☾☀闇生★☽