矢野顕子の代表曲『ひとつだけ』。
 そのデュエットで清志郎は、
 とっても大切なこと、
 欲しいものはただひとつ「あなたの心の白い扉開く鍵」という原詞を、
 君の心の「黒い扉」開く鍵、と変えたのだな。
 それも、オリジナルの作者の矢野顕子とのライヴで。


 それは清志郎であるからこそのマジックなのだろう。
 けれど、少なくともやさしさは強まり、倍加している。
 開くべきは、白く肯定された扉でなく、否定されてすねきった心であると。
 すげえな。
 なにげに、かっこいい。



 ☾☀闇生☆☽