勤務中、ラジオからHASYMOの新曲『The City of Light』が流れた。
 しかもフルで。
 まず、サビ前のスネアにぞくっときた。
 途中、日本語になるところで不覚にも、泣いた。
 細野の低音に、しびれた。
 幸宏とキョージュのハモりに、やられた。
 やられちまったのだ。
 そして、ミニマルなピアノのフレーズには、にんまりとした。


 全体に、セッションの素材をもとにして教授が主導でまとめた観がある。
 が、坂本龍一がひとりでつくるときより、あたりまえだが、リズムが絶品。
 それもそのはずで、
 あたしゃこの、細野/幸宏ラインのビートに、育てられたのである。
 だもんだから骨の髄にまで、染み込んでいるのであーる。
 とっぷりと。
 リズムの。
 お出汁が。
 濃すぎず、
 かといって淡白すぎずの、絶妙な具合が。
 んで、あらためて思う。


 あ。やっぱこのバンド大好きだ。


 ただ残念なのが、TBSの『NEWS 23』のオープニングテーマになってしまっていること、かな。叩けば灰神楽な反日番組なのだが、ここはひとつ、目をつぶろうか。
 おなじ反戦平和の教授とのしがらみがあるのだろうけれど。
 それはもう、野田秀樹天皇嫌いと似たり寄ったりで。
 好きな人に完全無欠を求めたところで、ねえ。
 同じ価値観だけを求めるのなら、鏡としゃべってりゃいいわけで。
 だもんだから、そんなあばたもひっくるめて、抱いたろかと。
 いや、がっつり抱かれたろと。
 シングルのカップリング曲も、これまた格別なのだしね。
 
 
 細野/幸宏ラインでの名演は沢山あるが、矢野顕子のところでの仕事ぶりは、やっぱ外せない。
 『ごはんができたよ』
 『愛がたりない』
 今聞くとシンセの音色が、あられもなく長閑なんだけれど、屋台骨のリズム帯がね。やってくれてますから。
 元気ですから。
 でね、
 小泉今日子主演の映画『グーグーだって猫である』。
 その予告がちらほらと流れ始めているのだが、これの音楽が細野で。
 テーマ曲をきょんきょんとデュエットしているのだが、どうやら、よさそうだぞと。
 ナレーションが邪魔して、ちゃんとは聴こえないのだけれど。
 女性とのデュオが、細野の低音にはいいぞぉと。

 
 となるとですな、やっぱ思うわけですな。
 ファンとしては。
 久しぶりに矢野さんとがっつりと、組んでくれんだろうかと。
 



 思う、っつうか、
  願う、っつうか。



 ☾☀闇生☆☽