胸のすくような雨音に、夜半になんども目が覚めた。
 夜通しふっていたのだろうか。
 ごくろうなことである。
 おかげで今週の買出しを、サボってやることになったのであーる。


 さて、アドベンチャー・ゲーム『RIVEN』プレステ版である。
 前回までに一度もいけなかったところに、ひょんなことからたどり着けたりしてしまう。そんな喜びがたまらない。
 今回はずいぶんとすすんでいる手ごたえ。
 これを機に、すすんだ男と呼んでおくれ。
 

 言ってしまえば、CGで描きこんだ紙芝居だ。
 一枚絵から一枚絵へ。
 マウスで、景色の気になる部分をクリックしつつ、進んでいく。
 それでも、おっとろしいほど建造物どうしの距離感や、遠近をはかって画面が設計されてあるから。
 ようするにレイアウトが繊細に仕組まれているから、いくら3D全盛となろうとも、まったく遜色がない。
 音の演出もすばらしいし。
 昨日はワイヤーじかけの奇妙な昇降機で、赤いカエルを釣り上げた。
 パックマンのような機械の口をあけて、中に丸薬をのせ、しかるのちに地底へとおろすのである。
 釣り上げたところで、逃げちまう。
 だからなんなんだ、といったところであるが。
 きっと今後何かにつながるのであろうよ。


 待ってるぜ、オチ。


 寝る前には今週購入したDVDを鑑賞。
 『知久寿焼 たまははき居酒屋ライヴ 最終回実況盤』
 元たまのギター&ボーカル知久の、2005年12月東京・幡ヶ谷での弾き語りライブである。
 彼のホームページの通販ページから購入できるインディーズなもので。
 曰く、2,310円の酔っ払い価格!
 座敷にでんと腰をおろし、のみながらお客に囲まれて歌う彼を、総勢二台のカメラで記録している。
 ほとんどホームビデオ。
 なんでも、彼お気に入りの居酒屋だそうで。
 それが閉店するというので企画されたのだそうな。
 奇しくもこれが90回目のライヴ。
 しかしまあ、女子人気が健在なのには恐れ入る。
 客席のほとんどが女人である。
 しかも、若いんだ。
 みなさんうつむいて、古老の説教に聞き入るように、取り囲んでおった。


 たまのブルース(哀愁)担当でもありましたから、それ、わかる気がします。
 せつなくて、かわいいんだ。


 たまの解散からずいぶんと経つのに、なかなかアルバムを出しませんな。
 待ち遠しいです。
 おっと、出勤せねばっ。
 社会人が平日に、コンスタントにゲームを続けるのは、困難。
 よって今回もリタイアするだろう。
 でも、
 まあ、
 そんな不思議世界のサイトを覗く気持ちでやってますから。
 そんなゲームですから。




 行ってきまーす。


 ☾☀闇生☆☽


 追伸。
 ちなみに前作『MYST』は十日ほどで自力クリアしてます。
 若かった…。