Zzzz…。

九龍風水傳 クーロンズゲート


 うう。
 やっぱ眠れんわい。
 昨日ね、久しぶりにプレステの『RIVEN』をやったのだ。
 再々々スタートである。
 何度やってもくじけるが、
 で、今度もまたリタイアするのだろうが、
 でもやっぱやりたい。そんなゲームがいくつかありまして。
 これは大名作である前作『MYST』の続編です。
 もともとパソコンゲームからの移植で。
 アドベンチャーゲームの金字塔。


 なんでしょう。
 クリアが第一目的ではなくなってくるのね、こういうのは。
 架空世界の文化、文明を感じさせる景色が、これでもかってぐらいに描き込まれてて。
 なのに、プレイヤーの想像力をかきたてまくる。
 そこを自分視点で探索するんだけれど。
 まず、その世界にいること自体が、快感なゲームなのだ。


 同じように『九龍風水傳-クーロンズゲート-』もそう。
 いまだにクリアしたことがないけど、大好きだ。
 なんせサントラ買ってしまったんだから、あたしゃよ。
 九龍城好きで、
 廃墟サイトなんか渡りあるってて、
 そんでもってブレードランナーなんかの、あの退廃的ごちゃまぜ文化がきもちいー、っていう人にはお勧め。
 しかしゲームとしては、どうなんだろう。
 いわゆる糞ゲー呼ばわりする人も多い。
 好き嫌いは真っ二つ。
 おしり真っ二つだ。
 たしかに一方通行な物語であるからして、ゲーム性や攻略的な楽しみは少ないかもしれない。
 ひたすら3D酔いするし。
 敵の倒し方よりなにより、このダンジョン内での『酔い』こそが、最強最大の難関なのだ。
 けれど、
 ならばこれをゲームと呼ばなくたっていいですよ、別に。とまで思う。


 設定。
 ストーリー。
 空気。
 濃いっすよ。
 オープニングムービーがYouTubeで観られるはず。
 わかる人は、それで感じちゃうでしょう。


 ああ、
 またちょっと眠くなって…。





 ☾☀闇生☆☽


 あれ?
 直前に書いた記事が消えてる。
 まったく、いまだに使いこなせんわい。
 これ本日ふたつ目の記事っす。
 なにやってんだか、俺ってば。