体積。


 日勤でもなく、夜勤でもないよーなシフトのせいで、半端な時間に帰宅した。
 気まぐれで買ったJimBeamを舐めながらHUNTER×HUNTERをまたまた読みかえす。


 以下、覚え書き。


 二巻。
 最初のハンタ試験。
 二次試験の試験官のひとり美食ハンターのブラハ。
 あのバカでかい大食漢。
 受験者たちに課した「ブタの丸焼」の『答案』を70頭、ぺろりと完食す。
 げぷー。
 そこでクラピカが疑問を抱いたね。
 さすが理論派だわね。
 ブラハの体積より、明らかに食べた量の方が多いじゃん、と。
 この段階ではまだ『念』の概念は紹介されてはいない。
 でもってこのクラピカの疑問はほったらかしにされるわけだが。
 のちのヨークシン編に登場する『陰獣』のひとり「梟」の能力『ファンファンクロス(不思議で便利な大風呂敷)』を思い合わせれば、合点がいくぞと。
 部屋一杯の宝物が、ポケットにはいっちゃったもんね。
 シズクの出目ちゃんもそうか。
 ただ出目ちゃんの場合は吸い取ったモノの行方は、不明だったんだっけ?
 なんにしろ、ブラハなんて端役もいいとこだもんで、あたしなんかにゃ読みかえしてやっと気付くレベルだーねえ。 
 するとモラウの『クジラ並の肺活量』という設定も同じか。
 あの荒唐無稽ぶりに振りおとされるくらいなら、すでにブラハの、もしくは梟の時点でリタイアしとくべきだーねえ。




 美食ハンター、メンチとブラハ。
 あの食欲を考えれば、暗黒大陸も行きたいだろうに。
 メンチ曰く、
 食材を求めて猛獣の巣の中に入りもすれば、密漁者たちと戦闘になることもあるとか。
 知りたいのは未知のものに挑戦する気概、とのこと。

 
 その気概、見せてもらいやしょう。




 ☾☀闇生☆☽