木、金と予定されていた現場が相次いで中止される。
 雨め。
 火曜も中止をくらったので、今週はほとんど働いていないという体たらく。
 ところが一転して明日は人が足りないらしい。
 日夜の連投はどうかと持ちかけられることに。
 稼いでいないので出るしかないのだが、生活リズムにムラがあるのはやはりよろしくないわけで。
 渋々受けたが、するとさらに翌日勤もどうかときたもんだ。
 さすがに断わる。
 移動で居眠り運転をかますことになってしまうだろう。
 チャリと違って、
 いやチャリでさえも連投の時はウトウトするときがあるというのに、いまや我がアシは原付である。
 座ってハンドル握っているだけである。
 あぶないあぶない。


 日勤はかつてあたしがてんちょうさんをやっていたビデオ屋の近く。
 夜勤は、このところついている学生街。
 仮眠をとれるところがあればいいが、どちらの現場も近くの公園のベンチはホームレス避けのひじ掛け付きである。
 学生街の方のは、ご丁寧にひとり用のベンチしかない。



 さて。
 



 司馬遼の短編を読みかえしてすごす。
 ウォーキングは、ジョギングを無理なくおりまぜて汗を流した。
 



 ☾☀闇生☆☽