桜にもっとも似合わないのが、例のブルーシートだ。


 花見だの、月見だの、雪見だの、
 はたまた紅葉狩りだの、鳥や鈴虫の鳴き声音を競うだの、
 果ては屁のこき分けを楽しむだの、勝負するだのと、世界にも稀な、多様でデリケートな感受性をもつ国民性だというのに、それをあの青いシート一枚でぶっ壊すんだから、こまったちゃんである。
 自覚されたパンクでないだけに、厄介なのだな。
 有体に言って、ダサい。
 こうなると『長屋の花見』に描かれる毛氈のつもりで使った『むしろ』の方が、よっぽど味わい深くはないだろうか。
 なんかね、
 えらそーにのたまうならばね、
 桜や四季折々に対する「お邪魔しま〜す」の精神が欠けてるよね。
 あのブルーから立ち昇っているのは「俺が、俺が」の臭気。


 いや、瘴気。


 近年、桜を扱ったヒット曲が少なくないが、あのブルーシートは無かったことになっているのではないだろうか。
 歌詞はむろんPVでも、無かったことにされている。
 当然である。
 客観的に向き合えば、あれほどおぞましきものは無いのだから。




 ブルーシートを敷いた『つもり』、
 カラオケを使ったつもり、
 熱唱したつもり、
 酒飲んだつもり、
 肉をじゅーじゅー焼いたつもり、
 食べ過ぎてげっぷぅ、となったつもり、
 飲み過ぎて、笑いすぎて、へとへとになったつもり。
 それを分かち合う異性や友がいたつもり……。
 離ればなれの仲間が、
 先に死んだ親が、
 子が、
 早世した兄弟が、 
 別れた恋人が、
 恩師が、先輩が、後輩が、
 そんな彼らと和気あいあいと盛り上がったつもり……。




 と、せめて『つもり』づくめのエア花見で、いかうぢゃないか。










 追伸。
 ブルーシートて『現場』って感じしませんか。
 工事現場はむろんのこと、殺人事件の現場検証の目隠しとか。
 なんかアレ=『現場』のイメージなのだ。
 むろん花見も『現場』には違いないのだろうけれど。
 やっぱ桜に合わねえよなあ。





 ……ゴミ、散らかしたまま帰ったつもり。










 ☾☀闇生☆☽