そうか陽転思考っすね。
 うっかり忘れてました。
 というかブログにしたためた記憶が、とんと無いですわ。
 マダオさん、ありがとうございます。



 これは、
 かつて英会話スクールと教材の営業をしていたときの、社員教育によるものだったのだ。
 まあ、当時この営業のうるささは、つとに有名で。
 あまりいいイメージはなかったかと。


 すまぬ。


 思えばケータイがない時代ならではのものだった。
 アポ取りの営業トークは、みなさんの固定電話にかかるわけで。
 よって現在のケータイのように、先方の名前がディスプレイに表示されることがなく。
 出てみるまで先方が誰なのかわからないと。
 我々はそこへ付け込んでいたという次第なのよ。
 迷惑がられることも少なくはなかったが、
 時代は国際化の波がどどどっ、と押し寄せはじめたころだ。
 そこに必要性や、ステータスを嗅ぎ取った人たちには、ありがたがられたこともあったりして。


 それはさておき。


 この仕事、完全歩合制だったのです。
 断られて、断られて、
 やっとこさっとこアポとって、
 と思ったら、すっぽかされて、
 ようやく会ってプレゼンして、
 契約まではいかないのが連続して、
 どうにかオーダーをゲットしたと思ったら、即クーリングオフを喰らって…。
 そんな日々を繰り返していると、その月の給与に響いてくる。
 すると知らずに悲観的になって、電話の対応が後ろ向きになっていく。
 声に自信が失せて、トーンが暗くなると、取れるはずの客までが遠のいてゆく。
 それで自滅するなら、まだいい方だ。
 同じブースの中、同僚と顔を突き合わせてやっているわけだから、ひとりのネガティヴが、すぐに周囲を引きずり込むわけ。
 蟻地獄のように。
 会社としては、その負の連鎖を食い止めるために、これを教育したのだと思う。


 にしても、
 そんな経緯はいいのだ。
 経験は、たとえそれが負の性質であっても、美味しく再利用するべし。
 そう考えれば、日常でも活かせるんじゃないだろうか。
 今日思い返して、あらためて思った。要はこれ「ノリツッコミ」であると。


 よくテレビでやる実験企画に、こんなのがある。
 関西の人は、見知らぬ相手でもボケをふれば、のると。
 たとえば、すれ違いざまにいきなりおもちゃの刀で斬りつけると、
「うぉぉぉっ、やーらーれーたー」
 大袈裟にリアクションしてくれたり。
 アンケートの記入をお願いしてチクワを渡せば、
「これめっちゃよく書けるわあ」
 など。
 まずは、のる。
 ボケをふられたら、それを活かすノリを瞬時にみつけてリアクションするでしょ?
 あのノリを、アンラッキーに活かすのが、陽転思考といえるのかもしれない。


 陰を陽に。
 ネガティヴをポジティヴに。
 残り物を、御馳走に。


 会社を解雇になれば、
「そうそうそう、ちょうどよかったわ」
 ともかくも、のってしまうと。
 んで、のりつつ考える。
 とりわけ「そうそうそう」のとこで模索してやっつける。
 して、いざポジティヴに。
「充電のチャーンス!」
 とか、
「もっといい会社があるっちゅうこった」
 とか、
「この経験はいいコヤシになるぞ」
「未体験の職種を覚えられるって、得じゃん」
「きっと次の職場で新たな出会いが」
「おかげで職のありがたみを再確認っ」
「一か所にしか居なかったひとより、沢山の人に会えるじゃんか」
 などなど。
 むろん失恋にも、活かせるし。
 不幸だろうが、不運だろうが、知恵をしぼって意地でもポジティヴ化するのだ。
 ネガティヴかましてても埒の明かない問題は、これで片っ端からやっつけようと。
 そうのたまっていたくせに、闇生。この度の体たらくでござった。


 まずは自分を救わねば、誰の力にもなれないのだ。


 とはいっても、
 今のところは、まだ眠りが浅いのよ。
 ので、今日はまたウォーキングをやらかしてみた。
 疲労と引き換えに、睡眠をいただいちゃいましょうという魂胆である。
 いつもと違うコースを、行き当たりばったりに突き進むのだ。
 すると、ひょっこり神社に出たので、ついでにお参りを。
 トータルで一時間半か。
 それでもまだ一人が怖いので、入浴後にアパートを出る。
 ともかくも新宿に。
 何か食べなくてはと、歌舞伎町で立ち食いのカレーライスを試す。
 歩いたせいなのかうっかり完食。自分に驚く。


 食後にさまよって映画のプログラムを眺めるが、まるで気が乗らない。
 それでふと、思ったのだ。
 靖国神社に行こうと。
 きっと近所の神社に参拝したのが残像になって、頭に残っていたのかもしれない。
 これで二度目である。
 なにも神頼みというつもりではない。
 けれども、神社は誰にでも門戸を開いてくれるのだ。
 参道では今日、フリーマーケットが催されていた。
 緊張しつつ参拝を済ませ、
 せっかくだから今回は遊就館にも足を向ける。


 源平時代から、信長・秀吉の戦国はむろんのこと日清・日露・大東亜戦争までの史料や武器がずらりと展示されてある。
 寝不足で頭がぼんやりしているから、それら解説のすべてに目を通すのは、つらかった。
 しかし、それら戦争の歴史を通り抜けていくと、最後に、大東亜戦争で散った英霊たちのあどけない写真が迎えてくれる。
 おびただしい、その数。
 その圧倒。
 そして、彼らが遺書に残した声の強さ。


 あれを見ると、私ごとで凹んでるのが、アホ臭くなるね。
 泣けてくる。
 よっしゃ、気を張っていこか。






 ☾☀闇生☆☽


 あたしの小さな陽転。
 おかげで酒を遠ざけて久しい。
 もともと美味くて呑んでいた酒ではなかったから、まさに、ちょうどよかった。