雨の夜のバラン。

 ひとの色恋沙汰のために、添え物として招集されたりすんのも、まああれだ。
 つかれるわな。
 めんどくさいお年頃となってしまったものである。


 おっさんだもの。


 ほっといてくれと思ふ。
 いや、年齢のせいでもなかろうと。
 若い頃からめんどくさかっただろうが、そーゆーのが。


 で、今回も人数合わせだか、盛り上げ役だかもしらんのだが。
 無理のある企画なわけだ。ショージキ。
 お目当ての女子と接触する機会をもうけようと、もうね、彼は必至なのだ。
 そりゃそうだろうけれど。
 Love is blindness.
 盲目であってこそ恋だろう。
 わからないでもないのだけれど。
 わきまえようよ。独り身のおっさんであり、かつ底辺であるという罪人の身の丈をさ。
 されど恋は盲目だ。
 それでも、彼は「あがけ」と云ふ。
 しかしそのあがきどころは、人によって違ふのだな。
 すくなくともあたしとは違ふ。
 だもんで時間がもったいない。
 ましてやあたしゃそのお弁当のいろどり役であり、かつ仕切りの脇役なのだし。
 開封されるやいなやに用無しとなり、ポイとのけ者にされちまう、あの緑のギザギザ。
 バランである。
 あたしゃバランなのだ。




 夜通し雨ですな。
 Love is blindness は Cassandra Wilsonの『New Moon Daughter』収録のが絶品です。
 ぜひ聴きませう。




 追記。
 この引き立て役というのは、万が一、コトが成就したとしても当事者たちの記憶にも残らず、必然的に感謝もされないのだな。
 

 それで In the night sky.






 それでいいんじゃないすか。
 
 

 ☾☀闇生★☽