読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母とふたり。

 ああして、冗談をいって、
 周囲のふるまいにツッコミをいれたり、
 そこにいない人をネタにして笑わせたり、
 毒づいたり
 モノマネしたり、
 憎まれ口をたたいたり、
 貪欲な怠け者を装ったり、して。


 働いて。

 
 明け方に家に帰ると、間に合わなかったシモの世話をして。
 飯を作り、
 ひと口ひと口食べさせ、
 病院に連れていき、
 寝起きさせ、
 ネコの相手をし、
 束の間、横になって目を閉じて。


 生きて。


 その夜勤者は、
 母が日々ゆるやかに、
 すこしずつ、すこしずつ、
 肉体より先に精神をあの世へとスライドさせて行くのを、アシストしている。




 

 これもまた助産
 あの世への。



 


 ☾☀闇生★☽