好き嫌い、は価値や行動判断の起点になることが少なくない。
 だもんでそれを意識することは大切なのだ。
 けれども、
 重要なのは『好き嫌い』に『とらわれ』てはいけないという点かと思ふ。
 たとえば『正しさ』とか『事実』とかは、『好き嫌い』から遠く離れていることがままある事なのだし。好きと嫌いが一晩で真逆に入れ替わることなんて、ちっとも珍しくない。
 だもんで好き嫌いでモノを見ていると、大概が判断をあやまるのね。
 政治家への投票のように。
 100年の恋もふっとぶ旦那のゲップのように。
 そして、ええいままよ、と。
 間違えてて結構だと。
 結構毛だらけ猫灰だらけ。お尻の周りは糞だらけ。
 いっそこの『好き』に心中しようぢゃないか、という「篠沢キョージュに、ぜんぶ」という心意気こそが、本物の好きなのです。
 はずれてジョートー。
 はらたいらが正解なのは百も承知で、そっちに賭ける。
 あいだをとって竹下景子でもなく。
 



 あたしは何を言ってるのでょーか。





 ある種の、人を好きになる行動を『あやまち』といふ。
 好き、は覚悟のもとに発動すべし。





 ☾☀闇生☆☽