昨日の明け方の濃霧はたまらんかったなあ。
 ねえ。
 あの白い闇の彼方を、得体のしれないクリーチャーがちらっと横切るんじゃないかと、あたしゃどきどきしておきました。
 S・キングの『霧』の世界っす。


 それはさておき、
 サン=テグジュペリの『夜間飛行』を光文社古典新訳文庫で再読した。
 最初に読んだのは十代のおわりだったか。
 当時はお勉強、という姿勢であたったからなのか、ほとんど記憶にない。
 けどいまこの新訳で読むと、ぐんぐん沁み渡ってくるのだな。
 特に飛行機乗りたちを統率するリベールというひとりの男の孤高に、してその孤独に、痛く感動する。
 むろん新訳っぷりも、いいのでしょう。
 ぷりっぷりしているのでしょう。
 ジッドの序文を、あえて巻末にしたその配慮も、まんまと大当たりしてまして。
 訳者が心がけたという静謐さと簡潔さがページの隅々まであふれかえっていて、美しい。
 それはもう峻厳なまでに。

  

 できれば、たとえば江守徹とか森本レオになりきって音読する。
 んで行間を嗅ぐ。
 そんな召しあがり方がお薦めである。







 ☾☀闇生☆☽