思えば、
 あれから何年経つのか。
 劇場で出くわしたこの作品の予告編に、


 やられ。


 とりわけ、あれだ。
 おもわず「ずりいよ」と、
 そううめきたくなるフィッシュマンズの名曲だもの。


『ナイト・クルージング♪』


 その使用とあいまって、
 画素の粗いインディペンデント臭むんむんの夜の街に、
 してその青い光に、
 胸底のなにごとかをもっていかれ。
 いかれて。
 いかれちまって、今日に至ると。
 当時、あたしゃちっぽけなレンタルビデオ店の店長さんであった。
 この作品がビデオ化されるや、
 個人的な思い入れと、
 己が嗅覚だのみで発注したはいいものの、
 あえなく本部に却下されちまったという。
 代わりにわけわからんヤクザのドンパチと、とりあえずおねーちゃんのおっぱいが出てくるVシネを入れられて。
 稲川淳二の怖い話みたいのとか。
 そんなこんなを、あたしゃいい歳こいて今でもネにもつ。
 そんなヤツだ。
 ん
 で、
 あちこちビデオ屋を捜し歩きはしたものの、
 結局のところ出会えずじまい。
 ああ、
 なんで劇場公開を見逃したんだろ。
 55分の短編と知って、
 二の足を踏んだ己のケチくささも苦々しく。
 若々しく。
 されどさらさらと時はたち、
 いまやネットでレンタルできてしまう時代とあいなった。



 山本浩資監督作『ランデブー』


 友人ユウの葬式からの帰り。
 酔いつぶれて終電を逃した男トオルは、
 河へ身投げをする女ナオを救うことになる。
 奇しくも彼女もまたユウの友人だった。
 共通の友人を亡くし、
 けど初対面の二人は、
 やり場のない感情を持て余して、
 夜の街をあてもなく歩く。
 終電から始発までの、
 出逢いと別れ。
 彷徨う二人。
 言葉は、
 ときに脈略もなく。
 であるからこそ生々しく、
 蒼い。
 その蒼さはこの映画の蒼さであって、
 若さであって、
 苦さでもあって、
 ひたむきな不器用さでもある。
 そりゃ粗をいえば、山ほどあるさ。
 けど、
 それらがそっくり、この映画の捉えようとした若さになっているのは偶然だろうか。
 撮らずにはおられなかった、
 という蒼き業。
 感受すべきは、その空気だ。
 アメリカ映画的な大味しか食せない人は、
 やめといたほうがいい。
 





 
 ☾☀闇生☆☽
 
 
 今見ると、
 テレフォンカードを使う風情って、なんかかわいいね。