それをたしかこう呼んだのだ。
 『スプーン・スタイル』と。
 少なくとも字幕ではそう表示していたと記憶する。
 なにがって、
 アル・パチーノミシェル・ファイファーが競演したラブ・ストーリー『恋のためらい フランキー&ジョニー』でのひとコマである。
 刑務所でのオツトメからようやく解放されたジョニー(アル・パチーノ)。
 単調な禁欲生活を経た彼もまた、一匹のオスであることには違いがなく。
 ましてや、塀の外に彼を待つ者もなくて。
 そんな境遇の一人やもめだ。ならばまっさきに考えることは、たかが知れていようというもの。
 当たり前のように街娼を拾った。


「手錠もオーケーよん♪」


 と服を脱ぎにかかる女。
 して、ご希望のスタイルを問われてジョニーが言ったのがそれだったのだな。
 スプーン・スタイル。
 同じ型のスプーンをふたつ重ねたカタチだと。
 時間経過のカットを経ると、どうだろう。服を着たままスプーンのように重なった二人の姿だ。
 つまり赤ん坊のように膝を曲げて横になるパチーノと。その彼を、背後からぴったりと抱いてやる女。
 娼婦は退屈そうに腕時計を気にし、
 パチーノは、母の腕の中で寝入る赤子のように眠っている。


 これは彼の地でヒットした舞台の映画化で、
 むろんこのくだりは冒頭のくすぐり。導入部としてドライに、くすりと笑わせる役割を果たしている。
 言ってみりゃそれだけのことである。
 んが、
 闇生はとりわけこのシーンが気にいっているのだと。
 んで、
 言わでものことだろうが、言っちまおう。
 刑務所の中でつのらせてきた己のなかの飢餓感を、このジョニーは冷静に分析しているはずで。
 それが性欲なのか。
 はたまた人のぬくもりなのか。
 おそらくは金銭が直接的に介在する街娼とのそれでは、
 とどのつまりが処理的F★CKでは、
 なんらその飢えは満たされないと。これはそう見切ってこその行動だったはず。
 とはいえ、スプーン・スタイルとやらでそれがどれだけ満たされたのかは、彼の寝顔から推察するしかないのだが。


 とここで、いきなり話を変えてしまう、
 と思わせる。
 『チョコレート』という映画がある。
 ハル・ベリービリー・ボブ・ソーントンの競演。
 あたくし闇生の記憶が正しければ、この映画にはセックス・シーンが三回ある。
 して、
 三つそれぞれの描きわけが、
 てかわざわざ描きわけて見せたあたりが、この映画を解くひとつの鍵にもなっているのであーる。
 冒頭が今は亡きヒース・レジャーの鎮痛な表情で。しかも泣いている。
 彼は暗い部屋でひとり、注文した馴染みの娼婦を待っている。
 そこへ、その女が現われ、
 事務的に「早く済まして」と。
 窓辺に手をついて客をむかえる女と、言われるままの男。てか客だ。
 それは乾いたまんまに、まるで済まされるべくして、済んで。
 そそくさと帰ろうとする女を、男は酒で引き留めようとするのだが、にべもない。
 男が欲しがっていたのは、血の通ったコミュニケーションであり。つかのまの話し相手なのだ。
 強烈な人種差別主義者であり、かつ女性蔑視の祖父と、
 自分にひとつも愛情を示さない父。
 そして代々続く死刑執行人という家業。
 おそらく彼は、そのどれからも受け入れられず。
 受け入れることも、できず。という孤独の底にいたことを観客はのちに知る。


 その彼が死ぬことで、父ハンクは初めて息子の存在の大きさを。と同時にその損失を知り。
 ハンクは、その手で死刑を執行した男の妻レティシアと、ひょんなことから知り合って愛欲に堕ちるのだった。
 レティシアは祖父の嫌悪する黒人で…。
 その後のふたりのセックスの変化は、観てのお楽しみ。
 上述の『処理』としてのそれと。
 お互いの孤独を、ひたすら埋め合おうとする、それ。
 そして…。


 スプーン・スタイルは、
 これら三つの先にある。
 というより、根底にあると言うべきかな。
 だって、ほら。



























これもまた、ひとつのスプーン・スタイル。
ケービの休憩時間に公園で見つけた忘れ物です。




☾☀闇生☆☽


 熱が下がったと思ったら、夏日のケーピでぶり返し。
 また下げたと思ったら、今度は雨の日のケーピで悪化させ。
 けど今日はなんとか凌いだのら。
 連日Pat Methenyの傑作『Secret Story』に看護してもらっている。
 聴くほどに、良くなってくるよ。
 若いころ、
「澄み過ぎているから」
 という蒙古斑まるだしのケツの青さでもって遠ざけたToots Thielemansのハーモニカが、やけに沁みやがんの。
 そんなお年頃なのですよ。あたしってばさ。
 今日は、嫌なこといっぱいあったし。
 今から毒づく体力もないし。
 も寝るよ。
 早く寝な。











 
 追伸。
 ちなみに、
 『恋のためらい』も『チョコレート』も、どちらもお勧めです。
 

 ☾☀闇生☆☽