そうか、
 談志のことを考えているうちに、いつのまにかICE宮内さんの命日を過ぎている。
 なんとはやいことか。
 談志のギャグでおなじみの某総書記も死に、
 『それから』の森田義光も亡くなって、
 あれよあれよと過ぎていく、日々。
 

 かつてここでもその著書をとりあげたが、
 談志の弟子のひとりに、立川キウイというのがいる。
 志らく曰く、
 なんでも彼の芸は『幼稚園落語』だそうで。
 にもかかわらず、それを真打にしてしまうところが、談志という謎のおもしろさでもあったわけ。
 なんだろう。
 デッサンやらの模写の修行をすっとばしてうっかりデビューしてしまったジミー大西画伯のようなものなのか。
 ようするに、その存在そのものが、落語というものへの問いかけなのではないのか。
 当人に自覚できようが、できまいが、少なくとも天然としておもしろがられたのだ。それも、あの談志に。
 であるにもかかわらず、
 そんな彼のブログが連日鬱鬱として、暗いのはなぜ。
 とても落語家のそれとは思えない。
 談志という人は業という人の弱さを肯定したし、
 それもひっくるめてすべてをさらけ出してみせもした。
 ただ、
 さらけ出すことそのものに依存はしていなかったはずであり。
 そこへいくとキウイのそれは、どうにもこうにも見るに堪えないものになってしまってる。
 わかるけどさあ、と肯定できない。
 んなことやってるより、しゃにむに天然してくださいとしか、思えない。
 そんなあなたを談志は面白がるだろうか。
 
 
 








 笑い飛ばせ。



















 ☾☀闇生☆☽


 写真/西荻南