荒れる。

 例えばだ、
 自動車の性能が向上すればするほどに、
 その高い性能にドライバーの技術は支えられ、守られて、必然的に車体を頼るようになる。
 頼るぶんだけ運転技術自体のレベルアップも可能になると。
 しかし、それがただちに運転マナーや自他への安全性の向上に比例するかというと、そうはいかんのだな。
 人間がコントロールする以上、最終的にはその意志が決定するわけで。


 車体と技術を、意志が制御する。
 車体と技術が力をもつほどに、それを制御する意志もまた本来は強化、研鑽されるべきであり。
 理想ではあるが、どーかそうしてくれと。


 どうもそういうことらしいのだ。
 武道でいう『心・技・体』っちゅうものは。


 筋骨を鍛え、格闘術を磨けば、自然と精神力が強まってくる。という棚ボタ式ではないのだろう。
 身体と技が強まるほど、そのブレーキ(理性)も強化してくれんことには迷惑ですよと。
 心・技・体のうち心を最上位にしたのはそのためじゃないかと。
 体は最下位で、もっとも戒められるものだ。




「柔道とは何か」
 と問われて柔道家道長伯氏は1953年、こう答えたそうな。
「最終目的は心技体の錬成であり、それによって立派な人間になることである」





 強面で巨漢の愛すべき後輩が、他愛もないことで現場で荒れている。
 荒れていますよといわんばかりのアピールである。
 他人を罵り、ときに嘲笑し。
 有体に言ってふてくされて、やけくそになっている。
 某武道の有段者であるのに公然とくそを焼いているのだ。
 甘えるな。
 おまえの心はお前にしか制御できない。






 たのむぜ、心・技・体よ。






 


 ☾☀闇生★☽