とまあ、
 そうなると細野さんのプロデュース作をハシゴするはめになっちまうわけでして。
 あたしゃこの曲に、そうとう夢見させてもらいやした。










 麻薬ですな。



 ああ、聴きながらいまふと思った。
 昨日の小池玉緒にしろこの頃のサンディにしろ、いまカバーされたら面白いかなと。
 んが、よくも悪くも低年齢化が『楽曲自体に』すすんでいて、大人のエロさ(とりわけユーモアをふくんだ)まではカバーできないだろうな。
 エロの意味するところも、年々『露骨さ』を増すばかりで、そういうんじゃねえんだよなあ。音楽的なエロさっちゅうのは。
 いやなに、たとえインストであってもね。
 あるでしょ、エロいリズムとか。
 
 

 かんがえてみれば『官能』なんて言葉が死語になりつつありますもんね。




 音楽それ自体が暗喩、隠喩としての表現方法であるとも考えられるわけで。
 それは直接では衝きにくい本質を衝く性質をもっていてこそで。
 いや、表現とはそもそもそういうことで……。
 


 つらつら。




 ☾☀闇生☆☽