あのな、
 黄色いコダマがな、































 何の因果かしらんが、
 まっきっきになっちまったコダマさんがな、




























 きりんさんの顔に寄生していると、





























 そう解釈すればだ、
 たったそれだけで見慣れた公園は、
 そのときから魔界の入口だ。


 んで、
 それこそが子供の力なのだ。
 かの、
 名盤のほまれ高い細野晴臣の『HOSONO HOUSE』の凄みは、
 てかミソは、
 ラストを飾る「薔薇と野獣」に垣間見えるそんな子供の恐ろカッコいい視点に尽きるのだな。
 これでしめてこその名盤だでよ。


 かく云うこの闇生、
 最新作を聴きこんでいる今日この頃なのであーる。
 んで、
 巷ではなにかとその『HOSONO HOUSE』が連想されるらしいのだが、
 どうだろう。
 全体に
 薔薇と〜、のような狂おしいまでの甘い闇は新作にはないことは確かで。
 けれど、
 その他の楽曲にあった重複というか、無駄が徹底して削ぎ落とされているのもまた、確かなのだな。
 全体に、
 チャームポイントであるところのちょこなんとした可愛らしさに、溢れている。
 それが純化されている。
 ソロ一作目と今作の間に積み上げた時間は、ダテじゃーない。
 ああ、そうですとも。
 ですともさ。
 愛おしくなるのですよ。











 音楽がね。







 ☾☀闇生☆☽
 

 悲しみのらき★すた、
 かーいい。