現場に出勤。
 施工道路の、国道との接続部界隈に工事告知ビラの投函。
 それから同じくその交差点の消防署から北へ200世帯ほど、濁り水の告知ポスティング
 工事に影響のある家をあらかじめ監督が配管図にマーキングしてくれており、それを見ながらの作業。
 てくてくてくてく。
 マンションは集合ポストではなく、各戸のドアポストに投函する。
 集合ポストはチラシであふれており、毎日は確認しない人が少なくないからなのだ。
 だもんで、階段もけっこうのぼった。
 11時に完了。
 その後、12時半から監督の車で別の現場へ連行される。
 S監督が担当する現場である。
 こちらも工事告知のビラを工事にかかわる小学校付近に投函。
 それから代理人の腕章をつけさせられ、この日の施工個所に立たされる。
 S監督が月曜の段取りで現場を離れるため、役所の手前、その代理が居なくてはならないのだろう。
 職人たち、警備員たちが遠巻きに様子をうかがっているのがわかる。
 これぞ派遣のつらさである。 
 作業着は元請けと同じ。
 けどいままで見たことねえぞ、あんな奴。
 誰だあれ。ハケンか?
 てな無言のプレッシャー。
 実際の態度としては、当たりさわりのないように無視している感じ。
 距離も遠い。
 かつてケービとしてついた橋の点検業者にいたハケン君を思い出す。
 ただ突っ立って見ているだけで、陰であたしらも冗談のタネにしたものである。


 ぼくはカカシ。


 15時終了。
 S監督はやりずらい。
 なにより暗い。
 しかも、言動や態度からみるに、警備や我々派遣をあからさまに見下している。 
 そういう古い古い風潮のなかで働いてきて、そしてそれがいまだに抜けないのだろう。
 この現場の警備会社は流行りの安い警備会社がついていたが、規制の保安材の設置も片付けもすべて彼らがやらされていた。
 きけば工事告知のビラの配布も、ふだんは彼らがやらされているという。
 バブルの頃によくあった「これで全員の飲みもんかってこい。自分も好きなの飲んでいいから」と咥えタバコのあごで警備員をこき使う、あの風情が染みついている。
 なるほど、保安や規制に専門家はいらないのである。
 身なりがきたなかろうが、片交がぐだぐだだろうが、誘導動作がえらそーだろうが、んなこたいいのだ。
 安くて、事故さえがなけれぱ。
 警備なんてものは本格的な専門店ではなく、あれもこれも揃う『間に合わせ』でいい。
 つまりコンビニでいいのだろう。


 電車で帰宅。
 今日付けで今回の監督補助現場は終了。
 土曜から自分がつく現場について会社に問い合わせる。
 新宿と、虎ノ門と、
 出してくる現場がとれも都心ばかりなので、自転車でいける範囲で再考を願った。
 その結果が神田だ。
 さらに遠くなる。
 どこまでアホちんなのか、配置のニンゲンは。
 現場の把握もまったくしていないし、各隊員がどのあたりに住み、移動手段が何なのかすらつかめていない。
 勤務内容はいいとして、その距離はなんだろう。
 問い合わせると、同僚が現場に乗りつける規制車に乗せて行ってもらえという。
 その先輩ドライバーYさんにメールで確認するが、返事を待つ間に、諦めることにする。
 教えられたメンツを思ったのだ。
 知っているだけでもアシの無い隊員が自分を含めて3人もいる。
 規制車は2tで、ドライバーを含めて3人が定員なのである。
 その日のメンバーのなかで一番のぺえぺえである自分が、誰かを押しのけて規制車に乗せて行ってもらうわけにはいくまい。
 そのぶん、諦観して電車で現場入りしようとしている一人を、規制車がピックアップしていけたなら。
 22時開始の現場。
 終了は終電後なのか、どうなのか。
 ともかく自転車で頑張るか、あきらめて電車で行って始発を待つか。





 やはり原付が必要だ。



 買うのか、あたしは。
 買っちゃうのか、原付を。


 ☾☀闇生☆☽