不肖闇生、
 ダニー・ハサウェイの歴史的傑作盤『Live』に聞き惚れている今日この頃なのであーる。
 振り返れば、その昔、


「カヴァー曲ばっかじゃん」


 なんていうおケツのおブルーな理由で、聴きもせずに一笑にふした覚えがあったりするわけで。
 して、
 今にしてもあれだ、レノンの「ジェラスガイ」を、そうまで熱くオイリーに歌い上げてしまっては、ちっともジェラスなガイではないじゃんかと。そんな思いもあったりするのだが。
 うむ。
 んなこた、いいのだよ。
 んなことは。
 この、ライヴ会場の、ひしめいてソウルにたぎった空間は、それそのまんまファンタジーなのだからさ。
 音楽の桃源郷なのだからさ。
 などと今更になってこれほどの名盤を解釈してみせて、聴き遅れた埋め合わせをしようったって、そうは問屋がおろさないのだぞ。
 めっ。
 そうふまえたうえで、のたまっちまおうか。
 なるほどベースってやつは、
 ハーモニーの土台であることは言わずもがな、なによりもまずリズムパートの要なのだなと。ベースソロに沸き返る聴衆に、あらためて知らされた。
 驚くなかれ、
 このライヴのクライマックスが、ナニを隠そうベースソロなのであーる。







 




 心して、酔うべし。










 ☾☀闇生☆☽



 思うことあって、
 近所の土手を、疲れ果てるまで自転車で走った。
 あほである。
 晴天の週末というとこともあって、河原はバーベキューを愉しむ老若男女のグループで賑わっていたのだが、それを傍目にひた走った。
 疲れを、目指して。
 仕事。
 今後の予定が大きく狂って、好転せず。
 凹む。
 夜、教育テレビで坂本龍一の音楽講座「スコラ」を観る。
 今週はベース特集で、マスター細野の登板なのである。
 して、ふと思う。
 そうか、
 スタジオ・ミュージシャンってのは、今も昔も日雇いなのだな、と。


 明日はケービだ。