漫画『ベルセルク』の最新刊。(三浦健太郎著)
 ついにデイダラボッチの巨大化と暴走で、爆発的な殺戮が繰り広げられる。
 膨大な数の『生』をくらって、さらなる巨大化をつづけるデイダラボッチ。
 やがて膨らみきったあとは、はじけ飛び、生の爆風をぶちまける。
 

 あれ。
 名前、違ったっけ?


 しかし日本人って巨大化が好きね。
 で、それらはことごとく原爆の記憶に依っている。
 破壊と、再生と。
 それは台風の国であってこその感受性なのか。
 今回は物語の進展はあまりないし、悪の推進力をトラウマや憎悪に見出す流れにも、もはや新鮮味はない。
 いやなに、あんな『核』なみのことをしでかすにしては、という意味でね。


 けど、
 その圧倒的な画力に、ただただひれふせばいいのですよ。今回のは。
 いいんです。いいんです。
 

 一旦愛想を尽かして全巻売っぱらった『ホムンクルス』。
 つい出来心で最新刊を買ってしまったのだが、案の定、ほれみたことかと後悔してしまった。
 そういう未練がましいのがあたしの駄目なとこなんだなあ。
 でもさ、自分ひとりが先に帰ったあと、ひょっとして残ったみんなが盛り上がってんじゃないかと。
 思いません?
 思わないよねえ。
 いいんです。いいんです。
 
 


 ☾☀闇生☆☽