ぶらぶらと。

花園神社は土曜から例大祭
境内には露店が軒を連ねており、
その暖簾や幟の色彩が賑やかだ。

店頭を覗き歩くわくわくした目つきは地元の子供たちか。
握りしめた拳のなかはお小遣いに違いない。
こういう環境で幼年期を過ごす彼らを、羨む。

階段に腰をかけ焼きとうもろこしを一心にむさぼる幼女。
口いっぱいに頬張っては、にっと笑って、母親に見せつける。
『いっぱい歯にはさまったね』
そう母親が笑うと満足げに頷いた。

裏道に抜ける。
と、そこに救急車。
コインパーキングで倒れた男を救助している。
男はゆで上がったように顔が赤く、マスクを顎までずり下ろし、三白眼。救急隊員の呼び掛けに反応しない。
この暑さのなか、こうなるまでマスクをしていたのに驚いた。

歌舞伎町。
ロボットレストラン前にはチケットを求める外国人の列。

各所で警察が通行規制の準備をしている。
一時的な通行封鎖をするらしく、鉄柵や蛇腹ゲートが準備してあった。
例の米国大統領が通過するさいのものだろう。
なんであれ民主主義的手続きをふんだ他国の要人。客人である。

国をあげてどうもてなしたかに、民度があらわれる。

警察の連携を見物したかったが、この暑さだ。
あきらめる。


浅草に足をのばす。
浅草寺前で写真をとる浴衣おねーさんたちには見返り美人のポーズが流行りらしい。




さて、
月曜からまた針の筵。
クレーム密集地帯での現場である。
いいこともありますやうに。



闇生