またあいつの仕業かよ。






 おそらくはそんなノリ発信の業務連絡を、
 オフタイムに受ける。


 いったいお前、どんな処理したんだ。


 語気も鼻息もあらあらと、執拗に責め立ててくるのだが、
 まもなく誤解はとけた。
 向こうで勝手にとけやがった。
 無罪放免なり。
 それはいいが、


「あ、なんだ。そうかそうか」


 と自分だけで納得して、
 ぶっきらぼうに電話を切られてしまうと。
 照れ隠しなのだろう。
 んが、
 こっちはぽつんと取り残されて、ひとりじっとケータイを見つめるはめに。
 酔いもすっかりさめて、
 食欲すら遁走している始末であーる。
 どーすんのよ。
 柿の種。
 どーすんのよ。
 オニオンサラダ。
 なんだろか。
 この、
 まるで知らないコに、
 いつのまにかふられちゃった感は。


 仕事の緊急の話なので、オフでも真夜中でもいっこうにかまわない。
 むしろそこに遠慮があっては、いいチームワークなんか生まれないと信じる。
 大いにやってくれて構わんのだが、
 問題はそのあとのケアだわな。
 やむを得ずに前戯をすっとばすというのなら、それなりにちゃんとしてくれないと。


 

 自発的に動くから、そのぶんミスも起きやすくなる。
 だもんで、
 必然的に目をつけられる。
 けど、どうよ。
 言われたこと以外はなにもせずにしているのなんて、つまんねえだろ。








 
 ちっとは、
 なにもやらないやつにも目をつけといてくれ。








 ☾☀闇生☆☽


 どーでもいいが、
 季節なので恐怖映像を検索して愉しんでたら、グロいのに出くわしてしまった。
 鼻くその王さまといおうか、
 ジャバ・ザ・ハットといおうか、
 そんな大ボスをピンセットで摘出する内視鏡映像であーる。
 どぅわぁぁああっと、ラスボスが取り除かれた瞬間は、まさに鳥肌。
 関連映像で、その耳くそ版を見てしまう。
 いったい何年かけてあんなにまで……。

 もおね、やたらフラッシュバックしてかなわんよ。