ほんの出来心。

 リアクション動画というやつをハシゴしていて。
 日本製のとある人気ゲームの新作発表に狂喜するファンのそれに行き当たった。

 そのプロモーションが流れるや、どいつもこいつもOMGの連呼だし。
 Shit!!の大量脱糞状態だし。
 泣き出すのまでいたし。
 怒ってんのかなんなのか感情をコントロールできない野郎までいる始末。
 さながらあれだ。
 祈りがかなった雨乞いの衆だ。
 

 んで、
 そこまで騒ぐのならと、そのシリーズの最初のを購入してみた次第。
 すまぬ。
 結論からいおうか。
 てめえの身の丈を見誤った、と。


 第一作のプラットホームはPS2であり、不肖闇生もかろうじて所持している。
 その埃を吹き飛ばしてさっそくプレイしてみたのであるが、すぐに思い出した。
 ああ、この会社のゲームはくそみたいにムービーとイベントが長かったのだと。
 待てど暮らせど一向にコントローラーをいじらせてくれない。
 ちょっと触らせてはすぐイベントだ。ムービーだ。


 んもおおお、いけずー!


 嗚呼、触りたい。
 いじりたい。
 映画ぶった演出でドラマをやっているのだが、そのわりにはマが悪いし、テンポもぐだぐだで。
 なにより長い。
 それでも頑張ってこの苦行をのりこえ本編にたどりついた暁には、あたしだって彼らのように公然とOMGを叫び、Shitを連続噴射できるのだと夢見た。
 これはジラシのテクなのだと。
 させてくれそーでさせてくれない「ちょっとだけよ」なのだと。
 そのうち豹変して「もっとちょーだい」になるド変態に違いないと。
 そしたらこらっ、とジラシた罰にお仕置きである。
 スティックをいじりにいじり倒してやろうじゃないか。
 そこにきっと自由があるのだと。
 夢はかなうのだと。



 メーカーを確認してからにすれば良かった。



 ま、中古で250円でしたから。
 そんなもんでしょう。
 あたしのゲームの読解力が、つたないのです。
 どーもすんません。




 そのゲームとは違う作品の新作発表リアクションで、
 「これで俺たちはまた少年にかえることができる」というコメントがオツだった。
 言葉も文化もちがう人たちにあれだけ待望させるという力は、でかい。
 
 




 ☾☀闇生★☽