相方。

「はーいみなさーん、手をつないで二人一組になってくださーい」




 ちょうどいま、あたしゃそんな現状であると見た。
 で案の定、誰にも求められず、はぐれてしまった次第と。
 ぽつん。ひとりぼっちじゃん。
 と思いきや、先生がそんなはぐれた者同士をペアにしていくのだな。
 つながされたその手。
 みればクラスの嫌われもんではないか。
 ああ、また嫌な役割を押し付けられてしまった。
 来るもの拒まずで黙々と日々をやりくりしていれば、面倒ばかりをおしつけられる。
 面倒ごとは陰に陰にと押し込まれるもので。
 かげの薄いお人よしに丸投げされるもので。
 いつだってバカを見るのは、そんな我慢するお人よしだ。
 くそ。なんで俺ばかりがこんな目にあわねばならんのか。
 






 と、こいつもきっと思っている。







 
 嫌われもんに、乾杯。
 な。






 ☾☀闇生★☽