この炎天下、
 日がな一日、
 トラックを先導して走った走った。
 まあ、あれですよ。
 昨日もなかなかの塩の吹き加減でございました。




 休憩はたいがいが現場近くの公園である。
 木陰にベンチをみつけてしばしまどろむが、
 昼下がりとはいえ、人影がなく。





 ぽつん。


 団地の住人の通り道になっているこの公園では、
 手甲に日傘のご婦人の姿がときおりはある。
 けれど、
 そのことごとくが、
 決して最短コースの対角線上はゆかず、
 そろりそろりと木陰をえらんで外周をたどられる。
 工事現場の足元のちょっとした迂回には眉をひそめるくせに、こういうのはすすんで回避するのだなあ。
 と妙に感心してしまった。
 


 
 危険よりも、
 面倒よりも、
 なにをおいてもお肌なのっ。
 
 


 ☾☀闇生☆☽