酷暑。
 現場では職人さんがふたり、倒れた。
 オーバーヒートである。
 一人は、木陰で仮眠をとって、午後には復帰。
 もう一人は足場の上でダウンして、
 それでも粘ってよろよろになりつつ最後まで。
 さすがにクレーンで地上に降ろしてもらったが、
 水をかぶったり、
 ふと膝に手をついてうずくまったり、
 歩く足元すらおぼつかない。
 けれど、だれも助けないのだ。
 冷たいと思ったが、
 サッカーの試合中を思い出した。
 戦力にならないようなら、自分で判断してコートを出ろ。
 試合を止めるな。
 

 きびしーのお。


 あなたの使う道路も、
 住居も、
 そんなこんなを経て、できている。




 ☾☀闇生☆☽