発泡酒とそのつまみを買った。
 したら、
「深夜のご準備ですか?」
 そう声をかけられたのだな。
 近所のコンビニでのことである。
 そこの店長さんに。
 要はW杯の日本戦のことなのだろうが。
 つってもそれが初めてのコンタクトなのだし。
 あたしなんてものは、言ってもたかだかあたくし風情にすぎないわけでえ。
 これ以上でも、以下でもないと。
 そんなもんに声をかけて下さるなんて、ねえ。
 てれちまうよ。
 ましてや、あれだ。
 前にもふれたように、頑張ってる店長さんだもの。


 これは性分なのだろうが、
 お店では基本的にほっとしてほしい闇生としては、実はこの『押し』ほど余計なお世話はない。
 けれども、
 そんなワタクシをど返しして、本業のエロ屋でのことならばどうだろうかと想像してみればだ、
 『ちんふみ』を購入されるかたに、
「深夜のご準備ですか」
 などと、のたまったとろこで、それこそ余計なお世話以外のなにものでもないわけであり。
 それがムチだろうが、
 拘束具だろうが、
 尿道バイヴだろうが、
 鼻フックだろうが、
「深夜のご準備ですか?」
 言った途端に、やっぱり余計なお世話このうえないのです。
 

 ともかく、


 その自分をかえた店長の馬力は、
 して、その根柢の、ある種の無私は、
 尊敬に値すると思う闇生なのであった。







 


 かしこ。


 ☾☀闇生☆☽