気が付いたら床に土下座して眠りこけていた。
 なにやってんだか。
 それにしても風の冷たさにひたすら耐えつづけた、ケービの一日。
 落ち葉の大群が大挙して道端を転がって、さながらパニック映画の群衆のようにワーっと。
 行く手に新たな火が巻き起こったのか、一糸乱れず方向を変え、他の群衆と混ざり合ってまたワーっと。
 やがてはきだめで行き場を失って逃げ惑い、くるくると渦を巻いて、この寒空に美しく昇天していく。


 俺を置いてくな、こらっ。


 なんだかピクミンを思い出した。
 あのゲームキューブ(GC)で、このあたしにクリアまで面白がらせた唯一の、だ。
 つっても、GCは三つくらいしかやってないけどね。
 などと、ぶつぶつ。
 この日の現場は最寄駅からでさえ歩いて四十分。
 行きも帰りも我が旧世代i-PodはPat Methenyである。
 アルバム『Secret Story』を繰り返し、繰り返し。
 パットが、自身の大失恋を音にしたという、どこか組曲を思わせる食後感。
 のっけから民族音楽っぽい群衆の唱和に、うちのめされ。
 そこに素朴で真摯な祈りを聞き、
 The Longest Summerのギターシンセソロで、おっさん、したたかイカされるの巻でござった。
 




 ☾☀闇生☆☽