読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『カポーティ』。

 寝ても寝ても寝足りない。
 夜勤前に『カポーティ』を観る。
 フィリップ・シーモア・ホフマンの演技に見とれる。


 

f:id:Yamio:20160913144227j:plain




 カポーティの『冷血』は、執筆中のいくたびかの朗読会を経て、完成していたと知る。
 超人気作家にしかできないことだが。
 村上春樹スティーヴン・キングが、完成間近まで絶対に人に見せず、原稿を寝かせ、繰り返し推敲するのに対してどうだろうこの作り方は。
 「ドキュメンタリーにして小説」という謳いが、そうさせていたのだろうか。
 つまり執筆と事実(裁判)の進行具合もまた、お楽しみくださいという。


 取材費稼ぎ。
 あるいは資金繰り、という一面もあるのだろうけれど。


 渋いおっさんばかりの映画であった。
 客寄せとして女を使わないとこに好感を抱いちまった。
 アイドル俳優も出てこない。
 画面が、はしゃいでない。
 題材が、実際におきた殺人事件であったことをふまえれば、まあ当然のような。
 時代背景にあわせて、人物たちがちゃんとタバコを吸っているのもよろしいかと。


 対象と取材者という、感情移入しすぎてはいけない関係でありながら『小説』というフィクションでノンフィクションを語るという矛盾。
 いや、そもそも人が手掛ける以上は、完全に純粋なノンフィクションなど成立しないのだろうけれど。






 ☾☀闇生★☽