以下、食事中の方は退散されたし。






 トイレ休憩に立ち寄った公園のトイレでのこと。
 そこは男女の区分けが無く、また大、小にも分かれていない。
 和式がたったひとつだ。
 ちっぽけな児童公園に辛うじて設けられた、それはもうボックスといっていいようなお便所である。
 その界隈には他にトイレがなく、
 またコンビニからも離れていて、
 なおかつなぜかしら工事が重なってしまい、休憩時ともなれば順番を待つ作業員やガードマンの姿がよく見うけられる。
 んで、
 そのときもあたしゃ順番を待っていたわけ。
 悲劇の現場は、そんな密室なのであった。


 あたしの前の人がノックする。
 するとノックが返ってくる。
 しかもちょっと強い。
 ドアの外には、脱ぎ置かれた蛍光チョッキと誘導灯。
 ははん。別現場のガードマンだなと。
 がさがさと身支度を整えるらしき物音がして。
 そのガードマンの現場の主任さんらしき人が、怒りもあらわに彼の帰還を待っているのが遠くに見えた。
 ったく、はやくしろよ。との心の声が顔にみなぎっている。


「ガードマンも大変だねえ」


 間を持たそうと、作業員さんとの世間話。ひと言、ふた言。
 しばらくすると、中に居たガードマンが出てきた。
 三、四十代か。
 入れ替わりに先に待っていた作業員さんが、そそくさと入ってゆく。
 しかし出てきたガードマンの様子がどーにもおかしい。
 手洗い場までわずか三歩ばかりの距離なのに、フランケンシュタインのように、進んでいくではないか。
 視点はうつろで。
 けれど、ふと順番を待つあたしの存在に気付くのだが、眼は合わせず、泳がせているばかり。
 そのまま蛇口をひねり、
 そのひねった右手だけを右手のにぎにぎだけで洗いはじめた。
 それがまた執拗でスローモー。
 しかしあまり気にも留めずあたしの番が来て個室に入ったのだが。
 途端に、滅入った。
 内側のドアノブにべっちりと、うんこである。
 四方の壁にも、飛び散っている。
 はっと、にぎにぎ洗いが脳裏をかすめる。
 不覚にも彼、これに触れてしまったのだね、と解釈す。
 公衆トイレの『あるある』である。
 いや、断じてあってはならないのだが、あのデンジャーゾーンのことだ。あってもおかしくない事態であることは察することができた。
 しかしあたしにはまだ真相を正しく把握できていなかったのだな。
 ともかくもほうほうの態でそこは退散と。
 腫れもののなかを歩むがごとくに回れ右、ドアを蹴って外へ出た。
 ふりかえると手洗い場にはまだ彼の姿だ。
 彼は手を洗い続けていて、
 いまやっと左手に取り掛かろうとしたところなのだが、その左手には赤いチェックの布の固まりが握られており。
 そして、辺りは強烈に臭っているではないの。
 おや? と。
 そして彼は手許をあたしの視線からかばうように、背を向けたのである。
 と、その背中の惨状にあたしゃ自分の眼を疑った。
 どういう展開でそうなったのかは皆目わからんが、少なくとも修羅場であったろうことは物語っている、その背中。


 象さんのお絵かきのような筆跡で、ひっ付いていたのだ。
 ブツが。


 中から染みだしているのではなく、
 どういうわけか外側から、塗ったくられたようにである。
 嗚呼。
 犯人は、お前かいっ、と。
 思わず「了解」と。
 よくわからんが、了解と。
 男の背中に目礼す。
 今にして思えば、握られていた赤のチェックはトランクスなのだ。彼の。
 かける言葉もなく、自分の持ち場への帰り道、彼の現場を遠く望んだ。
 路面改良であろうか。
 規制帯で車線をひとつつぶした片交である。
 主任さんだか職長が、いらいらと彼の戻りを待って公園の方を睨んでいるのが見える。
 恐らくは、交代要員を用意してもらえなかったのだろう。
 お人よしをこじらせて、己の極限を超えんとしたのだろう。
 ある意味、超えたのだろう。
 して、このあとどうするのだろう。
 どうなるのだろう。
 背中の事態くらい、言ってあげるべきだったか。
 あのまま知らずに現場に駆け戻っていくのだろうか。
 帰りの電車は、どうするのだろうか。
 妻子は、あるのだろうか。


  
 
 





 あのガードマンに、幸あれ。
 

 
 
 ☾☀闇生☆☽