お。これは。




 たぶん、
 はぐれちゃったのだな。




 すっかりと。


 









 追伸。
 人の話を聞かず、
「俺なんかさ」式に話の腰をぶった切って話頭を自分へ自分へとネジ曲げる人々。
 自分の話しかしない人たち。
 会話の成立しない環境に憤る日々があいもかわらず続いているのだが。
 それはつまり、話を聞くに値しないキャラだということなのだな。あたくしが。
 わからせたい。
 説諭したい。
 教えたい。という、そこにある話の動機は、一方的だ。
 相手を下に見ているからこそだ。
 なるへそ。
 対話、会話の成立すら望まないのが圧倒的多数派なのだ。そんな半生である。
 民主主義が相手なら、それは致し方ない。
 正しいのだぞと。
 なあんだ。あたしゃその程度なのだと。
 ならばハニワのように笑っていようと。




 

 打ちっぱなしでぷちぷち爆ぜてんなよ。
 たまにゃキャッチボールしようぜ。

 





 ☾☀闇生☆☽