『すべらない話』でウケタ話を、後日会社で再現されることくらい退屈な話はない。
 それが上司だったりするとなおのこと、つらいわけで。
 しかもこの手合いは大概往生際が悪く…。


「ちがうんだよなあ。これがほっしゃんのしゃべり方でやると、おもしろいんだよなあ」


 てか、腐っても鯛とまでは言わないが、連中、プロですから。
 それで食ってますから。
 エディ・マーフィーのトークライヴのビデオでも、そんな輩をこきおろしてたっけ。
 スタンダップコメディアンのライヴを観た翌日に、必ずそれを職場で披露するやつの寒さをさ。
 話術の技量云々以前に、ネタ自体がうろ覚えだわ。話が前後するわ。話しながら自分でウケちゃったりして。
 挙句の果てにこれだ。


「んじゃ、今度は俺のすべらない話ですけどお」


 おいおいおいおい。
 ハードルどこまで上げるつもりよん。
 こわいこわいこわいこわい。
 リアクションに困るっつの。
 もおね、
 聞きながらはっきりとこっちは状態異常にかかっちゃってんのね。
 POISONでも、PARALYZEでもなく。
 そう、作り笑い。
 刻々とHP削られてく。
 誰か万能薬投げて〜。




 年末にまた、そういう光景があちこちで…。





 ☾☀闇生☆☽


 去年、さいたまアリーナでやったRadioheadのライヴ映像を、同僚に観せていただいた。
 実は初めてなのね、連中の演奏を観るのは。
 使い古された感のあるロックバンドという形態。
 その新たな可能性に果敢にも取り組み続けている姿勢が、美しい。
 うまいし。
 柔軟で、良く張った思考をしているのだろうな。
 きっと。