やっとこさっとこ、初勤務である。
 ケービ士。
 致命的なまでの自分の方向音痴の度合いを考慮して、早くに家を出たのがよかった。
 案の定、現場の最寄り駅でさっそく迷ってしまったのだから。
 たいがいの駅の出口付近には、その周辺の地図が掲示されているものであり。
 地図というものは、原則として『北』を上にして記されているもの。
 でしょ?
 そういうふうに義務教育で学習しているものだからして、その地図も上を北と解釈した。
 北極星はあの空の彼方と。
 して、
 あらかじめネットで調べおいたメモと照らし合わせてみたのよ。
 んが、
 これがまるで合わないんだ。
 メモひっくり返したり、持参した市販の地図と並べてもみたのだが、さながら違う惑星に到着したかのようで。
 十分ほど格闘してようやくその駅の地図が、見る人を世界の中心と捉えて描かれていると知ったという。
 けど、それでも早起きの甲斐があって、時間的ゆとりが残されてある。
 道には緑が多く、
 鎮守の森や由緒ある医療施設が連なって、どうにも清々しい。
 その傍らを、自転車もあらわにふとももを連ねて行き過ぎる…、
 もとい、
 ふともももあらわに、自転車を連ねて行き過ぎる女子高生たち。
 目のやり場に困惑しつつ、林の奥から届く鳥の声が、妙にしみて。
 それはそれは、しみて。
 いいところだ。
 休憩時間に、あたりを散策してみようと企んだ。


 さて、仕事の現場はといえば、抜け道的に便宜のきく二車線の街道。
 歩道は、大人の肩幅ほどしかなく。
 監督さんの説明ではその一車線をつぶして、無謀にも水道工事をやらかすという。
 片側交互通行。
 言わずもがな、最低でも二人であたる仕事である。
 で、初対面のバディはといえば、おそらくは同年代と見受けられるダウナーさん。


「まいったわ。嗚呼」


 そんな心の声が、聞こえたような気がした。
 なんだろう。
 ともかくも、へこたれておられるもようなのだ。


 でね、
 それはそれとして、さっそく勤務を開始したわけなのだが、始めるやいなやにこの闇生が停車させたのが、なんと彼の宮崎駿なのであーる。
 進めの合図をしたときにやっとそれと知った。
 こちらの敬礼にかすかに反応したようすで。
 はて、ジブリってこの辺だったのか。
 例の、ポニョ制作時に作画スタッフに放った、


「ケンカ売られてんのかと思った」


 そんな言葉がちらついて。
 だからなんだよ。
 などと思いつつ、労働は続くのだ。
 止まらない。
 これがまた交通量がやたらに多いのだからして、ひたすら手信号。
 それも、しっぱなしよ。
 昼には早くも筋肉がぷるぷるし出すありさまだもの。
 差し入れに頂いた缶コーヒーも、持つだけでぷるぷるぷるぷる。
 きっと明日は腕があがらない。
 いや、そろそろ二日後にガタがくる年齢なのかも。
 この日のバディは先輩であることは間違いないのだが、こまったことに手信号がやけに小さいのね。
 こそこそとまあ。
 まるで内緒話をするような。
 こちらからするとちょっと分かりづらいわけであり。
 案の定、停止の合図の曖昧さをついて突っ込んできた車と、あたしが進めた車列とが、現場でにらめっことなってしまうことがあった。
 けれど、それを指摘に歩み寄る暇も無く。
 車の流れは止めども無く。
 どころか、結局のところ九時から十七時まで、昼食休憩はおろか、しょんべんすらできなかった。
 さすがにそれは想定外である。
 けどね、なんかあたしのなかに意地のようなのがありまして。
 それがふつふつとたぎってくるのだわ。
 こそこそ合図なんかするもんかと。
 だらだらするもんかと。
 停止してもらっている間、腕は誘導灯を掴んであげっぱなしなのだが、頑として肩の高さを保ったよ。
 メリハリを明確に。
 俺が来たからには「棒振り」だなんて蔑まれないようにしなくては。
 研修を思い出して、闇生はびしっとやったのさ。
 筋トレにもなっていることだろう。
 そのせいかこちらの敬礼には、目礼をくれる御年配が少なくなかったし。
 女子からは、笑顔もいただけた。


 えへん。


 それを、つかのまのヒールウォーターとこころえる。
 でもってむさぼる。
 しかしあれだね。
 他人さまの運転中の顔なんざ、こんな仕事でもしない限り、注視する機会がないものなのね。
 あのね、
 みんなね、
 気ぃ抜き過ぎよ。
 運転中の顔。
 だめだっつの、あんなに大口あけてあくびしちゃ。
 鼻ほじったり。
 それとよそ見運転の多いのなんのって。
 ケータイやら、
 カーナビやら。
 怖い、怖い。
 配送の人がハンドルのうえに伝票を広げて、それに気を取られてこっちに突っ込んできたときは、さすがに焦ったわ。
 こっちはあやうく、のしイカになるとこ。
 女のダンプの運転手が、前のご婦人の車を煽りたてているのはすごかったなあ。
 顔を紅潮させて笑ってんだもの。ダンプの松本が。


 勤務を終え、日の落ちた公園でひとり持参の握り飯とゆで卵を頬張りながら、コオロギの音に耳を傾けた。
 ノラ猫が一匹。遠巻きに見ていて。
 呼んだけど、怪しんで寄ってこなかったな。
 明日も同じ勤務地。
 排ガスをたくさん浴びたから、風呂がありがたい。




 ☾☀闇生☆☽


 愉しむ。