だん、だん、だんだんだだだだ!

 某ラジオ番組、
 MCの吉田照美の相方をつとめるなんたら坂46のメンバーちゃんが、好きな曲にYMOのコスミック・サーフィンをあげていた。
 しかもイントロのドラムがいいとか、
 間奏のドラムがいいとか、
 叩いているときの幸宏の顔がいいとか、つーなことぬかしやがんだ。


 てことはよ、
 これ79年のグリークシアターのことでございましょ?
 間奏の静寂のときのドラムに言及しているので、彼女が聴いた音源はギターがカットされた『パブリック・プレッシャー』版らしいのだがあ。
 幸宏の表情がどーたら言っているということは、ライヴ映像だ。
 ったく、おませちゃんだこと。
 かくいうあたしも小学生の時、このイントロのドラムにノックアウトされたクチで。
 そのまま持っていかれて恥ずかしながら今に至りますと。





 しかしながらその紹介のあとに流れたのは1stアルバムのスタジオ版。
 これはこれでベースがたまんないのだけれども。
 これだと彼女の話と合わないのよねえ。
 アレンジがまったく違うのよねえ。





 ふと思ったのだが、
 ひょっとすると彼女が指しているのはパブリックプレッシャー版ではなく、再結成後の方か?
 2011年、N●Kでの。
 それで音源使えなかったのかな?


 
 
 少年の時にくらった衝撃を、現役アイドルの女子がいま同じように感じているというのは、アレですよ。
 音楽の力、すげえ。
 その感想の熱弁につられてもーて、なんだか初恋の痛みを思い出すようで。





 ☾☀闇生★☽