時を握る。


 
 嗅覚を研ぎ澄まさせて、全体はおおまかに捉えつつさらっと流して、その中から重要点を嗅ぎ分けて汲み取っていく実用書の速読法というのは、あれですな。




 AVの見方と同じです。




 数をこなすうちに、誰しも自然と身につけてる。





 追伸。
 今はネットでそのポイントごとに切り売りされてる感じでしょーか。
 ピンクやロマンポルノはあくまでスクリーン側が時間的主導権を握っていた。
 それがAVでリモコンによる観客主導へと転換。
 そしていまはネット動画へと。
 娯楽からより実用へ。
 ちんたら待たされるフルコース料理からファストフード、サプリへと。
 そんな変化を遂げてきたともみれるわけです。
 はい。



 ☾☀闇生☆☽