ゴールデンウイークを目前にして、どうにかこうにか営業再開にこぎつけたアミューズメントパーク。
 例の、人間よりでかいアメリカ鼠が笑いながら闊歩する、あの夢の国のことである。
 人はそこをファンタジー国家ととらえていて。
 それはつまり遊びという日常社会からの逃避であるわけであり。
 んが、
 にもかかわらず、あれだ。
 そこにも節電を求めるのだな。世間は。
 いや、空想というものは日常に支えられているのであるからして、それ自体は致し方ないことなのではあるのだが。
 報道がそのへんの事情を晒してしまうので、げんなりなのだ。
 この夢の国の電力は、ダンボの鼻息による風力発電でまかなわれており、現在そのダンボちゃんが花粉症のため、電力が不足しております。よって……。
 てのでは、だめか?
 だめだな。
 花粉症自体がもう、なんかこう、文明のしわ寄せ感まる出しだもの。
 ならば、こういうのはどうだろう。
 プーさんのおならを備蓄して、って。
 そのガスによって発電を。
 プーさんのプー発電だぞ。
 でもプーさんがはちみつを食べ過ぎておなかをこわしちゃいました。
 なので。
 ……。
 何をいってんだ。オレは。









 人の胸で前向きに作用するような嘘をこそ、方便と呼ぶ。
 いや、呼べよ。
 そこにこそファンタジーだ。
 


 



 ☾☀闇生☆☽