腰パンか。
 純粋に俺俺を競う大会なら、こうまで言われないんでしょうが。
 あるいは私服なら。
 制服というものは、公的な役割をしますから。
 私と、公の境界線上にひらりと、まとう。
 で、
 それでこそのオリンピックなのでしょう。
 私的な、
 もしくはコジン的な流儀を公のために、
 つまりはあたしらのために一旦引っ込めるなり、折り合いをつけるなりして戦う謙虚な姿にこそ、感動するのであって。
 強さやら美しさを感じるのであって。
 だからこそ、応援がありーの。
 別に日の丸を背負ってオナ○ーに耽るのを観たいわけではなく。
 それはそれでエロ屋としておもろいが。
 といって、滅私につぶされるサマを期待しているのでもなく。
 その折り合いのバランスで、成り立っているわけで。
 観戦者と競技者の、謙譲。
 その表明としての制服。
 ましてや、国旗を背負ったスポーツを、戦争の平和的な代理行為としてとらえたがる手合いならばだ、なおのことその公的側面の確立を声高にせにゃならんはず。


 能書きはともかく、


 これがあたしらケービ士なら、一発で馘首。
 そこは問答無用だ。
 理屈もへったくれもない。
 営業マンなら、規則うんぬん以前にイタイ成績となって現れる。
 警察官なら、社会問題だし。
 総理大臣なら、
 CAなら、
 ホテルマンなら、
 ショッカーなら、
 ホワイトベース乗組員なら、
 と書きつつ想像して笑ってしもうたわい。
 

 ま、
 本当はね、
 なんだかんだ言っても、正直、ええなあと。
 普段ラフなイメージで売っている人たちが、制服なり礼服でピシッとするのって、萌えませんか。
 当事者としてもおいしーですよね。
 おいしーですよ。
 はい。
 公私のメリハリって、かっこいいと思います。











 ☾☀闇生☆☽


 追伸。
 あのね、
 公的なアレコレがスジを通してピシッとしてくれているからこそ、私的なアレコレが羽を伸ばせるのではと。
 音楽も、
 映画も、
 小説も、
 エロも、
 それでこそハメを外せるという。
 連日、エロ屋とケービ士を行き来している身として、実感するのだわ。
 エロなんてもっとも私的なものでしょ。
 なんならニンゲンの獣的な側面でしょ。
 完全に否定するのもナンだけれど。
 それはそれで窮屈だけれど。
 といってそれを垂れ流しに解放したまんまでは、ねえ。
 苦痛系なんかを取り扱ってますから、それは切に。
 切に。
 とどのつまりが、
 ぼん、きゅっ、ばん。
 世界のメリハリも、ほどよくクビレがほしいものですと。