醜活、

 と呼んでしまいたくなる動きをしている先輩がいる。 
 仲間の仕事を横取りしてまで、稼いでいる。
 

 醜活。


 よっぽどの家庭の事情があるのかと勘繰ってしまう。
 家庭のためにヒール覚悟で働くお父さん、とみるなら、それはそれでカッコよいし、情状酌量の余地がある。
 しかし、だったら事情はせめて知りたいじゃああーりませんか。同僚として。
 んが、仲間を仲間と思わないから奪えるのだともいえる。
 おそらく奴は自分の人気のほどを見限ったのかと思う。
 自身がリーダーをまかされる現場に、人があつまらない。
 ばかりか、複数の隊員からNGを表明されることまで少なくなく。
 となるとリーダーの素質を問われるわけで。
 誰に問われる、といえば、おのずと自身に問われると。
 ネを上げてNGを突き付ける後輩たちを罵倒し、彼等のせいにしているうちに時が過ぎて、50歳を過ぎた。
 有体に言えば「俺は間違っていない」の一点張りで歳食ってしまった。
 そこで自身を顧みて反省するなり、周囲と対話を試みるなり、自分をかえるなりの転換を試みるならまだ良かった。
 見限ったのだ。きっと。
 そうでなければ、ああも醜く稼がない。
 稼ぐのがわるいわけではない。
 仲間の仕事を横取りしてまで、食い散らかすのが醜いのだ。
 隣のテーブルにまで手を伸ばして、食う。
 隙あらば他人の口の中のものまでさらう。


 醜活。



 この言葉、はやらねえかな。
 こんな奴、めったにいねえだろうから流行らねえな。


f:id:Yamio:20200214174719j:plain
酔いどれの悪戯書き。



 闇生