とはいえ、

いや、ともかくも、
不甲斐なきおっさんとしては、
又八にシンパシーを抱いてしまう。


この人間くさい又八で落語などつくれまいか。






闇生