ほちょのはうす。

細野さんの新作『HOCHONO HOUSE』。
近年は原点回帰よろしく生演奏にどっぷりと漬かっていた御大。
この方向性で終活へと向かうのだろうと多くのファンが感じていた70歳台のここへきて、まさかの打ち込みに回帰するとは。
さすがである。
変わり続ける細野、健在でした!
しかも自身のソロ・ファーストを曲順を逆にしてカヴァーという意外性!

ほぼ一人きりで部屋にこもって作り上げたそうで。なるへそ、細野さん得意の箱庭的な可愛らし作品となっているのがうれしい。


歌声も健在だし!


名曲『終わりの季節』が、あえてインストで収録されたことで、この曲のメロディの美しさをあらためて咀嚼できたよ。


雨の土曜だし。
ずっと部屋に流していようっと。