カレーパンの午後。

 夜勤明けの昼さがり、
 空腹をおぼえて目がさめた。
 炊飯器もセットしていなければ、外へ食べに出るテンションでもない。
 あるのは食パンが二枚。
 野菜カレーのレトルト。


 そうだ。


 どうにかこのふたつを組み合わせて『なんちゃってカレーパン』にはできまいか。
 食パンの中央を指で押しつぶしてへこませ、そこへレトルトのカレーを冷やのまま注いだ。
 カレー湖のほとりをマヨネーズでぐるりとふちどって、オーブンへ。
 10分。
 ぷくぷくとカレーの湖面が沸き立って、いい香りがただよう。
 さて、できあがってはみたものの、どうやって食べようか。
 一枚ずつ食いつくのもいいが、パンの表面でマグマと化したカレーが安定しない。
 なので、ええいままよと二枚を貝合わせよろしく合体させたのであーる。
 

 熱し、うまし。


 ああなるほど。
 市販の出来立てカレーパンのもっとも重要なポイントは、カレーをパンで閉じこめている点だと、いまさらながら気づいた次第。
 食いつくたびにパンの四方から熱々のカレーがこぼれおちて、大惨事とあいなったのであーる。


 けど、うまし。
 かたじけなし。
 熱し、熱し。
 はしたないが、どうせ独り飯である。


 さて、夜勤は中止。
 風呂でも入ろう。




 ☾☀闇生★☽