越境。

 マッカーシーの『越境』。
 まもなく読了してしまいそうで、手に取るのをためらう日々。
 「追う者」と「追われる者」そして「放浪」というシチュエーション。
 その道程で哲学的な教えをくれる先人との出会い、というがこの作家のおなじみのスタイルだと思う。
 追う者と追われる者という関係性での、姿の見えない牝狼との『対話』が強烈でござった。
 あの前半は濃いねえ。

 
 自宅前で連日、水道工事。
 引き込み管の交換。
 都心と違って、郊外の地元密着の水道屋は、近隣への配慮がおそまつでほほえましい。
 どうせ明日も来るから、という感覚で、勝手に道具置きっぱなしで帰る。
 バック誘導の声がでかくて寝られない。
 つかえない手元さんを罵倒する言葉も汚い。
 夜勤者には酷だ。 
 この状況で『越境』をフィニッシュするのは、もったいないぞと。


 古いゲームに逃げる。



 ☾☀闇生★☽