束の間の休憩時間にさえ、
 文庫本を手に群に背を向けるその人の、孤独を敬え。





 くり返す。
 孤独を敬え。
 



 無闇に話しかけたがる己の愚のうずきを恥じいるべし。





 ☾☀闇生☆☽