雪の翌朝。







 夜遅く、母より電話。
 少し離れたところに住んでいた兄夫婦が、実家をひきとることになった、とのこと。
 老朽化がすっかり進んでしまったので建て直し、近い将来、所帯を持つであろう子供たちとも同居できるようにすると。
 めでたし。
 なにか言いにくそうにしていたが、そんなことは末っ子としてとっくの昔に心得ていたことであーる。
 上京自体、あたしゃそれを踏まえてのことだった。
 決意表明でもあったつもりなのだ。
 だから、遅いくらいなのであーる。




 故郷もまた、代謝していく。









 あたしを育んだ故郷は、記憶のなかにしか残らない。



 ☾☀闇生☆☽