朝、ちょっち時間ができたので四十分だけ追加睡眠。
 シールド現場の夢を見る。
 そこのボーリング屋に山崎努がいた。
 深緑の繋ぎの作業着で、あの声で若いのを仕切ってた。
 それでもいち作業員だという。
 豪快に笑い、
 また強く叱る声が、よく響く。
 休憩で映画談議、演技論で愉しませてくれる。
 だれもがあの山崎努だとわかっているのに、誰ひとりそれを確認しようとしない仕合せな時間。
 論が激して口論となり、取っ組み合いにもなった。
 仕事のない期間は、これで稼いでいるとのことだった。




 ☾☀闇生☆☽