このブログに感想をアップした東京ギヤマン堂の芝居『トウガタツ』。
 上演劇場シアターシャインの2012年演劇奨励賞を受賞とのこと。
 

 http://theatershine.com/award.html


 まあ、そりゃそうだろう、と。
 知ったかぶっておこうかと。
 思いつつ、こういった賞で市井の表現者たち背中をたたく劇場の姿勢に、敬服しますぞと。
 いいですか。こういうとこなんですよ。
 観客にもっとも近い接点での、公的リアクション。
 そこだ。
 そこしかないわけです。つくり手へのムクイというものは。
 つくり手のカタルシスの公的接点というものは。
 ハコ代もらって上演しっぱなし、というのでは何も広がらない。
 やりっぱなしでは何も生まれない。
 つながらない。




 などと思いつつ、他の二作品が気になるわけで。
 気になったところで、すでにその演劇的なる事ごとは、
 すでに空へと揮発しているわけでえ。
 観客の脳裏にしか、痕跡を遺してはおらぬわけでありい。
 いわば、







 








 みたいなものでえ。


  
 





 ☾☀闇生☆☽