Gyaoで配信されているサイボーグ009
 眺めつつ、キンキンに冷えたおビールをいただいたりしている。
 すまん、見得張った。
 たしか発泡酒の更に下位ランクのやつだった。
 第三のなんたらかんたらとかいう。
 ジョッキでぐびくびとあおりつつ、炎天にいじめぬかれた身体をひとり赦しておる次第。
 やはりあれですな。「誰がために」のオープニングは名作です。
 のっけから「でけでけでん!!」だ。
「でけでけでん」ときて「どんどん」だもの。低音で。
 これだけでおっさんたるもの、奮い立つというものです。
 ホーン群が間をおかずに「ぱかぱっぱっぱー、ぱっぱっぱっぱーらーらー」と高鳴れば。
 奮い立ちついでの男声「んっほっ、んほっ」はマウンティングの心意気でご唱和を。
 でピークはここ。
「死のこーーーーーーーーーー、おっやーー」の008。
 こーーーーーー、のクレッシェンドで彼方から急接近してくる008の華麗なスイミングを表現しつつ、「おっやー」とくる。これは死の荒野、の語尾にすぎないが、もう気分的に「OH! Yeah」でいいだろう。OH! Yeahで行こう。もうがんがん行こう。
 おいしいとこもってく008に第三のなんたらかんたらを献杯しようではないか。
 そうしつつ直後に雷光を窓越しににらむギルモア博士に笑うと。
 おまえ、なにやってんたんだと。
 緊張と緩和だと。
 やり過ぎでちょっち恥ずかしいの図、と笑ってやる。 
 それはともかく、あたしゃ昔からあの歌詞が謎でした。


 吹きすさぶ風か良く似合う。
 九人の戦鬼と人の云う。


 ときて、いきなりこう切り出すのである。
「だが我々は」
 この『だが』とはなんじゃらほいと。
 何を否定するのかと、疑問を胸にのこしつつ歌詞を追えば、もののみごとにスルーされてしまう。
 この脈略のなさ。
 はぐらされ感。
 この度ン十年ぶりに鑑賞してどこかで覚えがある、と思ったら、あれだわ。
 日常で出くわす、問答無用に他人の話を否定してしまう人たちの口癖「てか」なんだわ。


「今日も暑いよねえ」
「てか(というか)35℃超えてるし。ここ日陰ねえし」


 の「てか」。
 わさびのチューブから抹茶クリームが出てきちゃった、みたいな。
 否定のナリをしているのに否定できていないというやつ。 
 そう。009の「だが我々は」の「だが」は「てか」なのだ。




「てか我々は愛のため 戦い忘れた人のため」


 







  
 どうだ。
 とたんにロクでもない九人に思えるだろうが。
 てかの破壊力、おそるべし。


 ☾☀闇生☆☽