あら?
 羽根?


 見上げればふわりふわりと白やグレーの羽毛が舞い降りてくる。
 曇天の空に、
 それらは溶け込んで際限なくつづくよう感じられた。



 走れ、フォレスト! 走るんだ!



 立哨場所をかえてみた。
 すると、
 向かいの民家の屋根の上でカラスがハトを啄んでいる。
 よってたかって余計な羽根をむしり、
 取り除いて、
 我先にと肉にありつこうとしているところだった。

 
 なるほど、
 連中は街の死骸の掃除屋としての役割もはたしているのかと、
 てっきりそう思いきや。


 今朝、
 路上でカラスがハトを襲撃しているところに遭遇。
 遠くからは、うっかり交尾中かと、
 それはそれで微笑ましく思ったのだが、
 自転車で近づいていくと、カラスが逃げ、
 そこに瀕死のハトが一羽残された。
 かろうじて動く片翼を漕ぐようにあおぎ、よたよたと路駐の車体の下へと逃げ込んでいく。




 それでも生きようとするし。
 食おうとするし。 




 我々が勝手に、
 一方を不吉の象徴としようが、
 他方を平和の象徴としようが、
 んなこた関係なく生きていくし。
 んで、死んでくし。



 ☾☀闇生☆☽